『近似正三角形』


【問題】

最短辺と最長辺の2辺の長さの比がr:1となる三角形を
近似正三角形T(a)と呼ぼう。
(a≦r≦1)

もちろんaが1に近いほど、近似がよいと言うことになります。

さて、n個の点が円周上にあったとき
T(0.95)が存在する確率はいくらか。

ただし点は円周上に一様に分布しているとする。


 解答用紙はこちらです。 【寄せられた解答】


 ◆図形問題へもどる

 数学の部屋へもどる